WORKS: キッチン リフォーム

  

キッチンのリフォームでも予算やプランニングによってセレクトは様々、事例写真と共にリフォーム予算も含めご紹介します。

キッチンは大きく分けるとメーカー品と造作キッチンのリフォームの2種類に分けられるかと思います。

メーカー品はLIXILやPanasonic、TOTO、クリナップ等の有名メーカーから他にも永大産業、ウッドワン、キッチンハウス等 様々なメーカーがあり、メーカーにより特徴や機能はかなり幅がありますがそのあたりの説明はまたの機会に。

特殊な機能が欲しい場合やプランニングにより特殊な形状にする必要がある場合は造作キッチンがお勧めです。

  

造作キッチンの施工事例

  

設計上キッチンの大きさが通常では収まらず、調理家電を置く場所を取りたくなかったために造作キッチンにした施工事例です。

幅が約180㎝のキッチンでキッチン本体、コンロ、換気扇、シンク、水洗合わせて約60万円です。

(給排水工事、電気工事、設置費用等 別途)

  

        

コンパクトキッチンの施工事例

最安値のキッチンとしては各メーカーだしているコンパクトキッチンかと思います。

アパート等でよく使われる仕様でコンロ等の設備有無を選ぶこともできます。

施工事例写真はクリナップの商品で幅は165㎝タイプ、コンロ、吊戸なしで、ご提供価格は約14万円。

(給排水工事、電気、設置費用等 別途)

     

メーカー品のキッチンの施工事例

施工写真はPanasonicのキッチンです。施工事例で少し特徴的なのはコンロ3口が横並びになっている点、水栓がPanasonicではなくtoto商品へ変更しています。

メーカーのキッチンはかなり価格には上下あり、施工事例は幅260㎝で本体価格はお客様へのご提供価格で約85万円でした。

(給排水工事、電気、設置費用等 別途)

  

造作キッチンはシンク、水洗、コンロ、換気扇まで自由にセレクトして、作るキッチンです。

「メーカー品のが安く、造作すると高い。」

そんなイメージが一般的でしょうか?実際はどちらも選び方でコストは安くも高くもなります。

ただ特殊な形状ではなければメーカー品のほうがセットになっている分、お手頃に高機能になってくるかと思います。

現在状況によってもおすすめはそれぞれです。

キッチンリフォームをご検討でしたら  お問い合わせ よりお気軽にご相談ください。

現地調査・ヒアリングをしっかり行いお客様に最適なご提案をさせて頂きます。

以上 キッチンリフォームについてでした。