【軽井沢】中古別荘・物件 購入時のポイント

     

軽井沢で中古別荘・物件を購入する際にどのようなところを見るべきか、リフォーム会社目線でご案内!

購入する際にお家の間取りやエリア・立地・金額については必ずだれもがチェックすると思います。

しかしそれだけでなく家の状態についてわかる部分は購入する前に事前に確認しましょう。

   

天井の状態をよく確認する

雨漏りはほとんどの場合で天井にまず染みなどが現れます。

雨漏りなどで構造に被害が出ているとリフォーム予算は大きく金額を取られてしまいます。

雨漏りがないかなどよく確認しておくことは重要です。

床下の状態をチェックできるか確認する

床下の状態がどうなっているか、湿気が多いのか、少ないのか。

細かなところまではわからなくても、建物の基礎がどういう状態か物件購入前に把握することは大事なことです。

 

建築時資料があるか確認する

絶対必要なものはありません。

軽井沢の物件ではないことがほとんどですが、あったほうがリフォームの計画ではやりたいことができるか確認しやすく、家の増改築が行われているか判断材料ができ計画の見通しが立てやすくなります。

      

実際の状態が良いのか悪いのか判断ができなくても大丈夫です。

それらの判断は軽井沢でリフォーム工事をする業者に見てもらいましょう。

SS designではリフォーム工事の前に小屋裏や基礎下にもぐってしっかりと建物の状態を確認して

からリフォームやリノベーションのご提案をしてきます。

軽井沢に移住してきた経験があるからこそ関東と軽井沢の地域の違いをお話ししながらリフォームできます。

    

  お問い合わせはこちら

     

壊さないと何も確認できない物件はリフォーム時に後から費用が掛かってきてしまいます。

雨漏りがあったり構造に不具合があるとその直しはさらにコストが必要になり、やりたい項目を何か我慢する必要も出てくる可能性があります。

ご要望のリフォームができるかどうか、1つの指標として上記のことを見て頂くと参考になるかと思います。

また軽井沢では多くのリフォーム会社があります。

どこまで細かく見てもらえているかしっかりと担当者と対話して物件の状態を確認してください。

SS designでは物件購入前に現地を一緒に見させていただき、上記のような建物の状態確認を行うことも可能です。

床下に潜ったり、天井裏を実際に見に行くのは難しいと思います。

気になる物件はあった場合、是非お気軽にお声かけください。