【軽井沢】中古別荘リノベーション 間取り変更はどこまで出来る?

中古別荘を買ってリノベーションやリフォームしたいという方は少なくないと思います。

リノベーションは間取り変更だけでなく、窓の変更や断熱改修・構造改修等 様々な改修ができることが魅力です。

ただリフォームメインにしている会社が言うことではないかもしれませんが、思い通りの間取りのイメージ等が強いならば新築をお勧めしたほうがいい場合もあります。

リノベーションや間取り変更を伴うリフォームは構造の種類や状態等により変更には制限がでます。

だからこそしっかりと構造等から現状調査を行いリノベーション・リフォーム提案をしてくれるリフォーム会社を選ぶようしましょう。

私たちはリフォームは構造等の制限があるからこそ、どのようなプランニングの提案ができるか、お客様のご要望事項を叶えられるよう考え、提案することがプロの仕事だと考えています。

どのような構造だとリノベーションしやすいのか?

別荘でも多い、木造軸組みの家は比較的に改修がしやすい構造かと思います。

特に平屋の木造軸組みの家で小ぶりな建物は改修しやすく、築年数が経っていてもリノベーションで生まれ変わる可能性があります。

柱等あった場合も構造により抜いて梁補強したり、構造壁を移動したりしてリフォームが可能です。

しかし構造の状態によってはどうしても抜けない柱があったりもします。

中古物件を購入してリフォームをすることをご検討している場合にはリフォームを依頼する会社に購入前に是非見てもらい相談しましょう。

また経験上ですが、既にリフォームされていて増築をされている物件は大きな間取り変更が難しいケースがあります。

逆にツーバイフォー工法の建物は図面がしっかり残っていて築20年ほどの建物であれば間取り変更を伴う改修は可能です。

図面が残っていないとスケルトン(構造がすべて見える状態)にしないといけないケースもあります。

どのようなリフォームが可能か、家の状態がどのような状態なのかをプロによく見てもらうことで、リフォームして素敵な軽井沢ライフを過ごすことができると思います。

SS design では購入前でも現地をしっかりと調査しリフォーム・リノベーション提案をさせて頂きます。

パースなども作成し、どのようなイメージの物件を作るかご提案致します。

ZOOMなどでの打ち合わせも頻繁に行っています。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら